• Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

農地法3条許可について

 

農地法第3条の許可とは耕作目的で農地または採草放牧地の所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権もしくはその他の使用収益を目的とする権利を設定もしくは移転する場合に必要となる許可です。

​農地を相続や時効等で取得した場合には届出が必要になります。

農地転用―4条・5条許可・届出―

農地転用とは、農地を農地以外(住宅や駐車場など)のものにすることを言います。

ご自身所有の土地であっても、農地は自由に転用することはできません。

農地の一部を転用する場合にも許可が必要になってきます。

​仮に一部を転用して移転登記をする場合には土地の分筆登記をする必要が出てきますのでご注意ください。

農地法4条許可

自分の所有する農地を自分が農地以外で使用しようとする場合に4条許可が必要になります。

自己の所有する農地に自己所有の住宅を建てる場合などがこれに該当します。

農地法5条許可

権利の移転を伴う農地以外への転用の場合には5条許可が必要になります。

農地を売買や贈与により取得し転用しようとする場合や農地に設定された地上権や賃借権の権利移転を受けて転用する場合などがこれに該当します。

​※農地法4条と5条許可について、農地が市街化区域の場合には届出で足りることになっています。

迅速に対応いたしますので詳しくはご相談ください。